【個別相談なしの方はこちら】新規事業を成功させる! ユーザー動向に合わせた新しいウェブマーケティングの方法 プロから学ぶ45分セミナーと個別相談&交流会

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

「新事業を始めたいけど、どうすれば成功するかわからない。」
「いざ新規事業を始めてみたものの、いまいち反応がないのはなぜ?」
とお悩み中の企業様を応援すべく、実際に今のユーザーに合わせたウェブマーケティング方法を取り入れた事例を交えてお伝えいたします。
今まで通りのやり方では、残念ながら大きな効果を期待できません。
今のユーザーに響きやすい、ウェブを今までよりも活用した戦略へと転換していきましょう。
分析に基づいてターゲットを明確にし、効果的なアプローチをすれば、必ず成果はあげられます。

【こんな企業様におすすめ】
・新規事業に力を入れていきたい
・今までの販路では顧客が獲得できず、なんとかしたい
・宣伝はしているけど、いまいち効果が感じられない
・ウェブマーケティングの知識と経験が少なく、わからない
・今までの事業では売上げが伸び悩んでいる
・競合会社が市場の中で強く、ターゲット市場を変えたい
・新規事業を行いたいが、社内にイノベーティブな人材がいない
・新たな商品サービスを開発したので事業化したい
・SNSを活用したほうがいいのはなんとなくわかっているけど、具体的にはわからない

【事例のご紹介】
① メーカー
<リスティング広告>
・顧客層向け広告と連動し、ランディングページを設定。
○効果を最大化するために
→クリエイティブとリンク先の整合性を担保
→流入元となる広告やメディアへ展開し、流入間口を拡大
→広告配信の仕方やクリエイティブの見直しを検討
→広告のリンク先の見直し

<ディスプレイ広告>
・店舗イベントと連動したクリエティブ実演イベント開催中のバナー広告と展示場所・イベント一覧へランディング先を変更した
・ランディングページをトップページに設定したことで、目標獲得に寄与した。
・バナー広告と合わせて、リンク先を、2種類に設定したことで、目標獲得に大きく貢献した。
○効果を最大化するために
→クリエイティブと連動したランディングページを設定
→広告配信の仕方・リンク先・クリエイティブの見直しを検討
→流入層へのリマーケティング強化
→ターゲット・セグメントの見直し
・全体としてはファン数を1.35倍にすることに成功。

<記事の更新>
・コンテンツ量を平均2.3%増産。
(記事内容・質)
・著名人を起用したイベントレポートへの関心度は、比較的高い
・グッズの紹介記事は、機能的な紹介と比べ、閲覧数・興味あり数も伸び、興味喚起につながっている。
○効果を最大化するために
→ファンが関心のありそうなトピック調査・ニーズ把握
→ファンの期待を煽る記事構成(シリーズものの継続・追加)の展開
→ミスマッチを減らす記事内容の質と更新頻度を向上

<ソーシャルメディアの効果>
・リスティングやディスプレイ広告により、商品の露出が増え、ソーシャルメディア上での投稿や話題化につながった。
・Facebook、Twitter、Line平均1.3倍に。
・Instagram Storiesからの流入が約3倍に。新たな販促チャネルとして期待
・Amebaからの流入約2倍に。
・Youtube経由は倍増したが、ショッピングカートへ投入へ至らなかった
・Facebook経由での購入ボタンクリック数3件増加。そこから、ショッピングカートに入れた数が目標5件中1件で、ショッピングカートへの誘導率は、9%。
○効果を最大化するために
→継続的なリスティング運用
→効果的なソーシャルメディア(facebook,twitter,Youtube,Instagram stories)へ重点を置いた最適運用

<チャネル別の効果>
リスティング広告(ディスプレイ含む)
・メルマガ、イベントメールの指名層へのアプローチによる効果が見られた。
・他メディアの露出より、外部サイトからの流入が増加
・ソーシャルメディアの中で、効果的なチャネルとしてFacebookが機能。
・3月時点で公式アカウントでのPRが起爆剤となり、 facebook激増
・googleでは、購買意欲の高いユーザーを獲得
○効果を最大化するために
→効果的な投稿内容を分析・定点観測し、ソーシャルメディア運用を最適化
→継続的なリスティング運用
→会員向けメールの定期配信
→積極的な外部メディアへの露出
→オウンドメディアを有効活用した、サイトへの流入強化(公式アカウントとの連携など)

② 人材系会社 現状販路の見直し
<ナーチャリングメディアを活用したリードナーチャリング>
○「リアルの接点」であるイベントを生かし、顧客育成を図る
・ライフスタイル提案→ユーザーがライフスタイルを発見→仕掛け→拡散→育成→CV
・リアル接点であるイベントだから可能な「予想外の出会い=発見」を、プロモーションに繋げるスキームが必要

<現状の課題>
○追客が十分にできていない
・イベント参加→メールなどでの追客
       →見せたいページへの誘導
・イベント参加ユーザーに対して、その後のアプローチ・誘導が十分にできておらず、機会損失が多く起こっている可能性がある

<提案>
○WEB上から直接リフォームの問い合わせというのはお客様にとってハードルが高い。
・リアルイベントへ誘導し、そこでの対面商談によってクロージングまで持っていく。
・リアルイベント内容 豆知識、講座、体験会など
・リアルイベントへの誘導はWEB,メルマガ配信で

<コンバージョン(クロージング)UP施策>
・ターゲット層選出・分析/既存のマスメディアWEBコンテンツの洗い出し(多数の既存WEBコンテンツを1つに集約す、ターゲットに向けてメルマガ広告を実施し、潜在顧客の開拓を促進)→認知度アップ

<メルマガ配信施策>
・ターゲットユーザー抽出(居住地域、年齢層等)→配信
・メルマガ効果
1.インプレッションを伸ばす2.接触時間を増やす3.コンバージョンを上げる ・メールマガジン(以降メルマガ)を通じて「企業とお客様との強い絆」を築く。
・良質なメルマガを制作し、配信し続けることによって、お客様とのコミュニケーションを重ねる。

<SNS活用>
・イベント開始前/メルマガを使用し、参加予定者を多く募る
・イベント実施中/講師の方が登壇されている瞬間の写真などを投稿。参加者がコメントしやすい状況を作る。ユーザーのSNS投稿をシェア・リツイート
・イベント終了後/イベントを紹介する記事を写真付きで紹介。その他SNS投稿をチェックし、ユーザー動向を把握

【料金】
\1,000

【スケジュール】
18:30~19:00 交流&受付
19:00~19:45 株式会社BES 田中千晶「顧客が自然と集まる4つのポイント」
19:45~19:50 アンケート記入
19:50~20:05 交流&退室
20:05~21:00 個別相談(6人)

【日時】
7/26(木) 19:00-21:00(受付18:30~19:00)

【会場】
dock-Toranomon
東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F
神谷町駅4A,4B出口3~5分程度
https://docks.space/

【講師プロフィール】
株式会社BES 代表 田中 千晶
2009年、大学在学中に代表取締役の木下とともにソーシャルメディアを活用した収益化マーケティング会社アントを設立し、1年半で大手企業、中小企業を獲得。
Webプロモーション支援を得意とし、ソーシャルメディア活用、Webサイトディレクションを実施。
企業の根本的な問題点を把握した上での課題解決につながるコンサルティングが高い評価を得、
2012年から全国各地でセミナーを精力的に実施。
早くからソーシャル活用の取り組みを行ってきたことで蓄積されたノウハウ、
Facebook本社やTwitter本社へ毎年出向いて直接仕入れてきている情報も含め、
最新のネットプロモーション事情についても、お伝えしています。
マーケティング支援の書籍や連載などの出版活動を角川出版社、マイナビ社、技術評論社、翔泳社、インプレス社で行っている。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する